前へ
次へ

足関節捻挫の処置を知って対応する

スポーツをやっているとバスケットでもバレーボールでも、動きの中でつきものなのがケガになります。
特にジャンプをする競技においてケガをする特徴もあり、最も多いもので代表されるのが「足関節捻挫」です。
スポーツをやっている人の中には、この足関節捻挫が慢性化している人も多く、関節の痛みが治まらないうちにプレーをすることが原因とされています。
何度も繰り返す人は治っていないうちにプレーをするということです。
この足関節捻挫は足首を内側に捻って起こることが多く、靭帯損傷をすることで腫れてきたり痛みがでてきたりします。
靭帯を伸ばすということは、関節を止めておく機能が弱くなってしまうことにつながるので、スポーツのアライメントが悪くなってしまうことでも直しておきたいポイントになります。
ケガをした場合には、基本的にアイシングをすぐにすることです。
アイシングで炎症を抑えるようにして、しっかりとサポートをしてあげることで治り方が違ってきます。

Page Top