前へ
次へ

足関節捻挫の処置を知って対応する

スポーツをやっているとバスケットでもバレーボールでも、動きの中でつきものなのがケガになります。

more

自分でピアスを開けるリスクを考える

ピアスの穴を自分で開けたという方は多いと思います。
しかし、失敗したという方の声もよく聞きます

more

鼻血が出た時にどうやって止めるか

子どもの頃などに鼻血が出てきたのでティッシュなどの詰め物をして対処した経験があるかもしれません。

more

精神的疾患を持つ人が利用できる自立支援医療制度

精神保健福祉法第5条に規定されている統合失調症などの精神疾患を罹患していて、医療機関に通院して精神医療を継続的に必要な人が利用できる制度になります。
対象となる精神疾患は多く、気分障害・不安障害などに罹患している人が利用することができます。
制度が適用されると、医療費負担が原則的に1割負担になります。
利用するためには、原則所得制限があります。
負担する金額は上限が設定されています。
経済的理由により、通院することができないために症状が悪化することを防ぎやすくなります。
自立支援医療制度を利用するためには、申請する必要があります。
申請には、主治医の協力が必要になりますので、制度を利用する場合は相談する必要があります。
要件を満たしていて申請書類に不備がなければ、申請後一か月を目安に自立支援医療受給者証が届きます。
自立支援医療制度が適用となるのは指定を受けた医療機関が対象となります。
通院する医療機関を変更したい場合、役所に変更届を出すことができます。

安心して通える広島市中区の矯正歯科はこちら
徹底減菌の南青山デンタルクリニックです

メンタルヘルス企業
平成医会にご相談ください

ストレスチェック 産業医
プロが行わせていただきます

心斎橋デンタルクリニックで歯並びを正す

Page Top