前へ
次へ

自分でピアスを開けるリスクを考える

ピアスの穴を自分で開けたという方は多いと思います。
しかし、失敗したという方の声もよく聞きます。
自分で開けると斜めに穴があいてしまったりし、衛生的な知識がなく穴が膿んでしまうなんていう失敗がよくある話です。
穴が斜めに開いてしまうなら友達に開けてもらえばいいのではないかと考える人もいますが、実はこれは医療行為に当たり医者以外の人が行ってはいけない行為になります。
私も実は自分でピアスの穴を開けて失敗しているうちの一人なんです。
穴は思っていた位置とは違う位置に開いてしまいました。
開けた時は膿むことはなくその点は良かったですが、その後は金属アレルギーで膿むことになってしまいました。
これも知識不足も要因の一つだと思います。
もともとの体質ももちろん要因ですが、家族に金属アレルギーがいたことや、ピアスの穴がしっかりと完成する前にチタンのものを使用してしまったというのもよくありませんでした。
しょうがなくピアスは外し穴は塞ぎました。
数年後、私は病院で開けることにし、適切な処置と適切な説明を聞いて何のトラブルもなくピアスを楽しめています。

Page Top