前へ
次へ

安静にすることやアイシングを忘れない

スポーツ活動中の足関節捻挫には、ダッシュなどの急激に走るときの方向転換をした瞬間に捻ってしまったり、ジャンプ動作の着地のときに崩れて捻ってしまうことも多いです。
そのためにコンタクトスポーツでは気をつけないといけない案件になり、サッカーやラグビー、柔道などの格闘技でも足関節捻挫をやってしまう人がいます。
ジャンプ動作ではバスケットボールやバレーボールなどがあり、相手をぶつかったり着地を誤ったりすることで捻ってケガをすることが多いです。
すぐにアイシングをして炎症が治まったら、痛みが少し引きますがだからといって動けるようになったとはいえません。
病院などで処置をしてもらった場合には安静時をどのくらいとればいいのか理解して、動かないほうが治りが早いです。
治りが遅い人の中には、痛みが引いたから動けるという意識で、動いてしまいまた痛み出すという悪循環になる人もいます。
そうならないように、ギブス固定をすることも少なくありません。

Page Top